密教瞑想座禅【阿字観(あじかん)】

密教瞑想座禅【阿字観(あじかん)】

真言密教には「阿字観(あじかん)」という瞑想法があります。いわゆる【座禅】と呼ばれるものと近いですが、

阿字観では、蓮の花の上に浮かぶ月輪の中に「阿字(あじ)」(サンスクリットで「ア」と描かれたもの)が描かれた軸を本尊としてメディテーションに入っていただきます。

体験してみなければ解らないものではありますが、

一般的な座禅とは全く違ったものです。

山陰で「阿字観」のできる道場は数少ないと思いますが、清水大師寺では副住職勝信(しょうしん)が「阿字観」へ皆さまを導入させていただくことができます。天空の寺院と呼ばれる清水大師寺、大自然の中での瞑想体験をしてみませんか?

【阿字観体験料】

お一人さま 2,000円

※要予約(必ず予約をして下さい)